借金返済

借金相談 司法書士の相談

借金相談 司法書士の相談,借金返済で、悩んでいる方は、案外多いようです。借金問題には解決策があります。
借金相談[無料]で受け付けています。



自己破産/司法書士/借金相談/自己破産/借金問題


総量規制とは?

借金の悩みは誰にも言えず本当につらいものです。借金相談ねっとではそんなあなたへ借金解決へのアドバイスをしながら心のサポートもさせて頂いております。ボランティアですので安心してお問い合わせ下さい。

借金問題をモバイルから相談できる無料相談ホットライン

利用者に人気のキャッシング・クレジットカード情報の借金問題をモバイルから相談できる無料相談ホットラインに関する詳細記事。
多重債務の悩みをキッチリ解決!借金無料相談は借金無料相談ホットラインにお任せください

借金解決に役立つ情報

きっかけで始まり、そして何とかなるだろうと考えてきたけれど、気がついたときには取り返しがつかないような状況に・・・。

このホームページはそうした状況に陥り借金問題で悩んでいる人たちへ向けて、その借金問題の解決方法をわかりやすく解説したホームページです。

ここで解説していることは法律の抜け道などではなく、それぞれが権利として法律で認められているいくつかの借金解決の方法になります。

現状と向き合って借金地獄からの脱出を真剣に考えている人たちにとっては、有意義なホームページであると自負しております。
このホームページでは、借金解決の方法について解説するだけでは実際の手続きの進め方についても解説しています。当ホームページでは専門家によるメールでの無料相談も行っておりますので、利用していただき、借金問題解決への糸口にいただきたいと思います。

このホームページが、借金問題で悩んでいる人たちの人生の再スタートの手助けになることを望みます。

任意整理 とは

任意整理による借金解決は弁護士、司法書士が債権者と債務者の間に入って話し合いによって借金の整理を行っていく方法です。

流れは、弁護士、司法書士が債権者と債務者の間に調査(借金の額や利息、いつ頃から返済をしているのかなどを調査します。)を各債権者と借金の減額の交渉や交渉を債権者と契約を締結し、その契約に基づいて期間で返済していきます。返済額に利息を付ける必要がなくなりますので、月々の返済額を減らして支払っていくことが消費者金融のように高い利息の債権者に対して長期にわたって返済を繰り返している場合には、各債権者との交渉により大幅に返済額を減らすことができます。
方法とは違い裁判所を通しませんので、同居している家族、友人、同僚などにも知られることはありませんし、依頼後は弁護士、司法書士の方だけで交渉をしますので、仕事が忙しい方や裁判所に行く時間がない方でも簡単に手続きをすることができます。
任意整理は手続きの中では1番デメリットが少ない方法なのですが、他の手続き同様、しばらく間はローンやクレジットを利用することはできなくなります。実際の手続きについてですが、人が借金整理の話し合いをしようとしても、話し合いに応じるような債権者はいませんので、手続きは、弁護士、司法書士に依頼をところから始まります。
弁護士、依頼人から借金の額や利息、いつ頃から返済しているかなどの話しを聞き、それに基づいて各債権者に対して状況を調査していくなります。借り入れ先が消費者金融の場合は、利率をはるかに上回る高い利息で借り入れをしていますので、利息制限法で定められた返済額より多く返済していることになります。

特定調停について

特定調停による借金解決は裁判所が債権者と債務者の間に入って話し合いによって整理を行っていく方法です。
特定調停の手続き完了後は、返済額に利息を付ける必要がなくなりますので、月々の返済額を減らして支払っていくことが消費者金融のように高い利息の債権者に対して長期にわたって返済を繰り返している場合には、各債権者との交渉により大幅に返済額を減らすことができます。
実際の手続きについてですが、債権者はいませんので、特定調停の手続きは簡易裁判所に申し立てをところから始まります。
申し立てがあると各債権者に対して申し立てがあった旨の通知がされ、その後、裁判所から調停の日が通知され債務者、債権者の両方が出頭して話し合いが行われます。
話し合いを行い、債権者と債務者の間で返済計画の合意がなされたら、調停が成立し調停調書が作成され、債権者への返済については調停調書の内容に従って返済をしていくなります。
弁済に関しては厳密な規定が裁判で争われた場合には、ケースでは部分については元金に充当されると判断されます。
特定調停の手続きでは、利息制限法を超えて支払った利息については元金に充当するとして元金を減額し、その減額した元金に対し利息を形で返済していくなります。
ように利息が高額なところで借り入れをしている場合で、長い間にわたって返済していれば元金もそれだけ減ることになりますので、5年以上返済していれば元金はかなり減ることになり、10年以上返済していれば元金はなくなってしまう場合もあります。
特定調停も任意整理と同じで借金のみを整理することができますので、保証人が付いている借金を除いて手続きをしたい住宅ローンの分を除いて手続きをしたい場合などでも使うことができますし、必要がありませんので、財産を所有している場合には方法です。
ように利息が高いところで借り入れをしていなければ元金の減額はできませんし、結局のところ3年程度の期間で返済していかなければなりませんので、総額が大きい場合には、無理な返済プランを立てるのではなく、最初から自己破産を選択すべきだと思います。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ